ビジネスフォンリース比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ビジネスフォンリースのメリットや解約について!レンタルとの違い

最新情報・レポート

ビジネスフォンリースのメリットや解約について!レンタルとの違い

ビジネスフォンリースのメリットや解約について!レンタルとの違い

自分の会社へのビジネスフォンの導入を迷っているなら、職場の環境に合った導入方法を選ぶのがおすすめです。おもなビジネスフォンの導入方法は、リース契約、レンタル、購入の3つの選択肢があり、それぞれにかかる費用やシステムも異なります。それぞれの導入方法のメリットやデメリットを知って、より希望に近いものを選ぶようにしましょう。

 

そこでこの記事では、ビジネスフォンのリース契約、レンタル、購入について詳しく紹介します。ビジネスフォンの知識を身に付け、最適な方法でビジネスフォンを導入しましょう。

 

ビジネスフォンとは?リース契約のシステムとメリット

ビジネスフォンとは、電話回線の数が少なくてもボタンひとつで複数の電話へ共有できたり、車内での業務の伝達も内線などを使ってスムーズにおこなえたりする電話のことです。たとえば、他社からの電話を受け、担当の方が離れた位置にいても「〇〇さん、外線〇番にお電話です」と伝えれば、ボタンひとつで担当者が電話を受けることができます。

 

また、外線1が使用中であっても、外線2や外線3が通話中でなければ話し中になることなく、別の会社からの電話も受けることができるでしょう。また、社内に振り分けられた内線番号を押して電話をかければ、離れた部署にもわざわざ出向くことなく業務伝達がおこなえます。

 

このようなことからビジネスフォンを導入すれば、業務の効率化を図ることができるでしょう。この章では、まずビジネスフォンのリース契約について紹介していきます。

 

リース契約のメリット

ビジネスフォンのリース契約とは、数年単位でビジネスフォンを借りるという契約のことです。リース料金は毎月支払う形式となりますが、ビジネスフォンを購入するときにかかる初期費用に比べると、低料金で新品のビジネスフォンを利用することはできます。

 

また、リース料金はすべて経費として計上できるので、節税対策にもつながるでしょう。さらにリース契約期間中の故障や盗難などによる災害に見舞われた場合も、動産総合保険というものが付いているため、賠償責任を負う心配もありません。

 

リース契約をする際のデメリットとしては、途中解約ができないということです。リース契約はお客様の代わりにリース会社がビジネスフォンを購入して、お客様に貸し出すという形式をとっています。そのため、もし会社が倒産したとしても、リース料金を全額支払わなくてはなりません。

 

また、早い段階で契約を取り消したいとなっても一定期間契約解除ができるクーリングオフを利用することはできないので注意しましょう。また、リース料金を満期まで支払った場合、月々の料金に保険料や手数料などが含まれるため、ビジネスフォンを購入したときより高くなってしまいます。

 

ビジネスフォンのリースをおこなう際は、このようなデメリットも考慮した上でおこないましょう。

 

リース契約の結び方・解約について

ビジネスフォンのリース契約を結ぶためには、まずリース会社を探すことから始めてみましょう。リース会社を探す際は、1社に絞らず複数の業者をピックアップすることをおすすめします。なぜなら、リース会社によって料金やサービスが異なるからです。

 

より条件の合った業者を見つけるには、複数の業者を比べてみるとよいでしょう。リース会社を複数ピックアップしたら、それぞれ商談をおこないます。商談から契約の流れは以下の通りです。

 

【リース契約前~リース開始までの流れ】
(1)商談:機種選びや配置・配線方法、希望の回線数、費用などを含めてリース会社と相談する。
(2)審査:リースができるかどうか会社の経済状況などから審査をおこなう。
(3)見積り作成:審査が通ったら、お客様の条件をもとに見積りを作成する。ここまでの過程は複数の業者におこなってもらう。
(4)検討:複数の業者の見積りから、リース料金、サービス内容などを比較してどのリース会社と契約するか吟味する。
(5)契約:リース会社と正式に契約をおこなう。契約の際は契約書や確認書が必要。
(6)リース会社がビジネスフォンを発注、購入
(7)納品、取り付け:お客様のもとにビジネスフォンをお届けして、設置までおこなう。
(8)リース開始:ビジネスフォンの利用ができる。支払いもこの月から発生する。

 

このような流れでビジネスフォンのリース契約を結びます。もし、ビジネスフォンの契約を途中でやめたいとなった場合、先ほどもお話しましたが途中解約することはできません。

 

しかし、会社の倒産などでリースしたビジネスフォンが不要になってしまうこともあるでしょう。このような場合は、リース料金の残金すべてと解約手数料を支払い、ビジネスフォンを返却して契約解除となります。

 

リースの契約期間の満期がきた!その後の選択肢は3つ

リースの契約期間の満期がきた!その後の選択肢は3つ

ビジネスフォンのリース契約が満期を迎えた場合、その後どうするのか3つの選択肢から選ぶことになります。3つの選択肢とは、再リース、新規のリース契約、レンタルや購入への変更です。それぞれについて見ていきましょう。

 

1.同じ機器を再リースして使い続ける

ビジネスフォンのリース契約が満期を迎えた場合、その後の選択肢として再リースという方法があります。再リースとは、今まで使っていたビジネスフォンをそのまま継続して使用するという方法です。

 

使用する機種が変わらないため、機器の操作にとまどうことなく利用し続けることができます。また、再リースになると新品を利用するわけではないので、リース料金は今までの10%ほど支払えば同じように利用することができるのです。

 

そのため、月々のリース料金の負担は軽減されるでしょう。ただし、その分動産総合保険が排除されるため、故障した際は自費で修理することになります。

 

2.新しくリース契約を結んで使用する

現在のビジネスフォンが使いづらい、古いため経年劣化が目立つなどといった場合は、満期後にまた新しくリース契約を結ぶという方法があります。新たにリース契約を結ぶことによって、あまりリース料金が下がることはありませんが最新の機能が内蔵されたビジネスフォンを選ぶことも可能です。

 

新しくリース契約を結ぶ際は、同時に設置状況や配置などを再確認し不要なものはないか見直してみましょう。もし、見直しによって配置変更をおこない台数を削減することができれば、費用を抑えることができるかもしれません。

 

3.リースをやめてレンタルや購入に変更する

リースの契約満了を迎えたのを機に、レースをやめてビジネスフォンをレンタルに変更したり、思い切って購入したりするといった方法もあります。ビジネスフォンをレンタルに変更すれば、リースとは違い途中で自由に解約することができるでしょう。また、移転や統合などであと数か月だけ利用したいという方にもレンタルがおすすめです。

 

さらに、初期費用はかかってしまいますがビジネスフォンを購入するというのもひとつの方法です。1度購入すれば月々の料金の支払いはなくなるので、毎月の負担は軽減されるでしょう。また、長く使用することによって、リース料金より安く費用を抑えることができます。

 

ビジネスフォンが契約満了を迎えたら、1度利用状況や配置、台数などを見直し、その後のどうするか状況に合わせて選ぶようにしましょう。

 

ビジネスフォンのレンタル・購入のメリットとデメリット

ビジネスフォンのレンタル・購入のメリットとデメリット

ビジネスフォンを導入するにはリースのほかに、レンタルや購入といった方法があります。そして、リースと同様にメリットやデメリットが存在するのです。この章では、ビジネスフォンのレンタルや購入について詳しく見ていきましょう。

 

また、中古のビジネスフォンの設置方法や家庭用電話機をビジネスフォンとして利用する方法についても紹介するので、参考にしてみてください。

 

ビジネスフォンをレンタルする方法とは

ビジネスフォンのレンタルとは、数カ月など短い期間ビジネスフォンを借りて使用する方法です。短期間のイベントや選挙用の事務所など期間が限られた場所に設置したい方におすすめの導入方法といえるでしょう。

 

ビジネスフォンのレンタルは、レンタル業者に依頼すれば借りることができます。初期費用はかからず、月々の料金を支払えば利用できるためコスト削減の効果が期待できるでしょう。また、レンタル料金は経費として計上できるので、節税につながるのです。

 

しかし、レンタル業者が持っている機種から選ぶことになるので、希望の機種がないこともあるでしょう。そして、多くの場合新品ではなく、中古になります。さらにレンタルする期間によって、リース料金より高くなることがあるようです。

 

ビジネスフォンの購入はどこでできる?

ビジネスフォンの購入は、ビジネスフォンの販売店で購入することができます。ビジネスフォンの販売店は、インターネットなどでも容易に検索することができるでしょう。1度思い切って購入してしまえば、使用期間や月々の支払いにとらわれることなくビジネスフォンを使い続けることができます。

 

そして、1章でもお話しましたが結果的にリースより安くなるため、費用削減にもつながるのです。しかし、その分初期費用として、多額の費用を支払うことになるでしょう。

 

また、新しくビジネスフォンを購入すれば、設置や設定をおこなう必要があります。販売店を探す際は、設置工事やビジネスフォンの設定を請け負ってくれるところを探しましょう。

 

中古のビジネスフォンの設置方法

ビジネスフォンをレンタルで利用する場合、中古のビジネスフォンであることが多いでしょう。また、費用の削減のために、中古のビジネスフォンを購入する方もいるかもしれません。

 

レンタルであれば業者が設置してくれることが多いですが、中古を購入した場合は、自分で設置することもあるでしょう。ただし、工事担当者の資格がなければビジネスフォンの設置をおこなうことはできないので、注意してください。中古のビジネスフォンの設置方法は、以下の通りです。

 

【中古のビジネスフォンの設置方法】
(1)会社のレイアウトを作成する。
(2)ビジネスフォンを設置する場所を決定する。
(3)主装置の置き場所を決める。
(主装置とは、電話帳の保存や外線や内線をつなぎ、各電話機で共有するための機器。主装置はすべての電話機とつなぐ必要がある。)
(4)設置後の設定をおこなう。

資格さえあれば、自分でビジネスフォンを設置することも可能です。資格がない方はビジネスフォンの設置業者などに依頼しましょう。

 

家庭用の電話機をビジネスフォンとして使う方法もある

会社によっては、家庭用の電話機をビジネスフォンとして使用することもあります。ビジネスフォンに比べて、電話機本体の費用が安いため費用をあまりかけずに使用することができるでしょう。また、難しい設定がなく電話線をつなげば使えるようになるため、素人でも簡単に設置できます。

 

しかし、電話回線が1つになってしまうため、担当者の席まで受話器を持っていき、電話を受け渡して応対してもらうという手間がかかってしまうでしょう。また、通話中はほかの会社からの電話を受けたり、FAXを受信することができなくなったりしてしまうので非常に不便です。

 

そのため、家庭用電話機をビジネスフォンとして使用すると、業務効率が下がってしまうので、あまりおすすめできません。業務をスムーズにおこなうためにもビジネスフォンを設置してみるとよいでしょう。

 

弊社では、ビジネスフォンのリース、レンタル、購入などさまざまな導入方法を提案させていただいております。優秀なビジネスフォンのリース会社が多数登録していますので、安心してご依頼いただけるでしょう。また、どのような導入方法がよいのか迷っている方のご相談もお受けいたしますので、まずはコールセンターにお問い合わせください。

 

まとめ

ビジネスフォンとは、電話回線が少なくてもボタンを押せば、複数の電話機で利用することができたり、社員同士の連絡を内線でスムーズに伝達できたりする電話機のことです。ビジネスフォンを導入することで席まで出向く手間も省け、業務効率も上がることでしょう。

 

ビジネスフォンには、リース、レンタル、購入の3つの導入方法があり、それぞれメリット・デメリットが存在します。予算や期間などを考えて、ご自身に合ったものを選びましょう。また、ビジネスフォンを設置する際は、工事担当者の資格が必要になります。資格がない方や自分で設置する自信がない方は、弊社におまかせください。

 
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7667

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

クイックお見積り

ビジネスフォンリース比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ